pretty girl

正しいケアで肌を守る

ケアのポイント

笑顔の女性

敏感肌の原因は様々ありますが、間違った化粧水の使い方はかえって肌を荒れさせてしまいます。肌を守るためにはいくつか注意が必要です。まず使用する化粧水の量は適量を守りましょう。量が多い方が保湿できそうだと思われがちですが、水分が多いと蒸発する際肌の水分も一緒に蒸発してしまうのでかえって乾燥してしまうことがあります。次に化粧水の付け方ですが、適量を手に取り両手によくなじませ、顔を10秒ほど押さえるようにしてゆっくりと肌に浸透させていきます。パンパンとたたいたりこすったりするのはかえって角質を傷つける恐れがありますので気を付けましょう。手を放したときにもちっと肌が手に張り付くような感じがあれば化粧水が浸透した証拠です。敏感肌にあわせてやさしいケアをしましょう。

保湿力の高いものを

敏感肌の方の肌は乾燥していることが多いです。肌の一番上には角質層という薄い表皮細胞が何重にも重なった層があります。ある程度の脂質もあり、そこに水分が蓄えられていて肌を守るバリアの役割をしています。肌が乾燥するとバリア機能が失われ刺激に反応しやすい敏感肌になってしまうのです。敏感肌の方には保湿力の高い化粧水がおすすめです。セラミドなどの保湿成分の含まれたものを選びましょう。セラミドはもともと角質の中にある保湿成分ですので敏感肌の方でも刺激が少なくて済むでしょう。刺激の少ないものを選ぶことは大切です。特に防腐剤などの添加物には刺激が強いものがありますので注意しましょう。例えばパラベンという防腐剤には皮膚のアレルギーのリスクがあります。新しい化粧水を使う際には二の腕など皮膚の敏感なところでテストしてから使い始めましょう。